FC2ブログ
未分類 | 
Graphical Clock neon
Graphical Clock
ioi.toot
最近のコメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
追越ノート―「ここ」から世界へ
≪2019.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019.10≫
プロフィール

TAKESHI

Author:TAKESHI
下田にて

最近の記事
月別アーカイブ
2006.09.29 Fri
WATER BOYS!!!

きのう、日本にいる別のともだちから、手紙と一緒に『ウォーターボーイズ2』と『ウォーターボーイズ2005夏』がおくられてきた! 

そんなこと予想だにしていなかったから、もう!チョーうれしくって!、おもわずとび上がってユカタン半島を3周しちゃうところだった。そのともだちは、オレの好みをよく知っていて、百発百中の贈り物をオレにくれた(大切なともだち!)。

オレは『ウォーターボーイズ』が大好き!!!

8月初旬、メキシコに旅立つころ、テレビの再放送で『ウォーターボーイズ2』がやっていた。オレは、もう何回もみてるけど、やっぱりまた夢中になってみた。でも、第3話がおわったころにはもうメキシコに旅立たなくちゃならなくて、心残りのまま日本を後にした。メキシコに来てからも、部屋に一人でいるときは、「あー・・・『ウォーターボーイズ2』みたいなぁ・・・」って何度おもったことか!

オレにとって、バイブルと呼べるほどのドラマが2つある。
『それが答えだ!』(みんな知ってるかなあ)と『ウォーターボーイズ2』だ。
ちなみに、大っ嫌いなのは『3年B組金八先生』。


映画からドラマのすべての『ウォーターボーイズ』シリーズにわたって、シンクロの演技指導をしている人がいる(実はドラマの中にも何度か登場しているけどね:坊主役!)。その人こそ、実際の「ウォーターボーイズ」の先駆けともいえる人。

不破央さんだ。

彼は、元水泳100m平泳ぎ日本記録保持者だった。でも、直前に怪我をしてしまい、オリンピックにはいけなかった。その後、人生にさんざん迷っているときに、山手線の車内で「青年海外協力隊」のポスターを発見する。そして、中米のグアテマラに水泳隊員として派遣されることになった。彼が任地に赴くと、なんとそこにはプールがなかった。彼の活動はそうやってはじまった。

日本に帰国後、隊員時代に得た「なにか」を大事に失わず、水中劇団「トゥリトネス」をたちあげる。そして現在も「水の道化師」として活躍中。


オレも隊員時代、任地に赴任すると、そこには何もなかった。
オレの活動も、何もないところからはじまった。

意思の疎通がぜんぜんうまくいかなかったり、みんなに誤解されたりで、「貧困」というのを実際の現場でいやというほど目の当たりにした。

でも、そんな試行錯誤の日々から一つ学んだことがあるとすれば、

「動か」なければ意味がないということ。「考える」ことや「思いつく」ことは大事なことかもしれないけれど、そこには何の意味もない。

一歩踏みだすことで、そこにはじめて意味が生まれる。
「動く」ことでしか「意味」は生まれない。

オレの任地には、悲観的になるべき要素はいくらでも存在した。
でも、悲観的になることからは何も生まれない。

自分を信じてただまっすぐに活動した。すると、不思議とそれに同調してくれる人たちがでてきた。自分が「動く」ことで、「何か」がかわった。自分が少しずつ「変わる」ことで、自分のまわりの人たちも少しずつ「変わ」っていった。そんなのがサイコーに楽しかった。


だからオレは、『ウォーターボーイズ』が好きなのかもしれない。


さあーて!帰ってまたそのつづきみよっと!



未分類    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://teamoterere.blog59.fc2.com/tb.php/50-ceda8e7c

Top↑