FC2ブログ
未分類 | 
Graphical Clock neon
Graphical Clock
ioi.toot
最近のコメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
追越ノート―「ここ」から世界へ
≪2019.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019.10≫
プロフィール

TAKESHI

Author:TAKESHI
下田にて

最近の記事
月別アーカイブ
2006.06.20 Tue
日本のサッカー界へ

日本代表についてもう何も語りたくない
というのが正直なところだが、

もっとも腹が立つのはジーコが敗戦の原因を「暑さ」のせいにしていることだが、彼はこの大会が終わったら日本代表を去るのだからそれでもいいのかもしれない。

でも、日本代表はそうはいかない。
はっきりと負けを認めることからしか、その次へすすむことはできない。

いまの日本代表に何が足りないか!?

現在メディアでは、「決定力不足」というコトバが溢れている。
きっとこの前のクロアチア戦の柳沢のシュートミスや、玉田の不甲斐なさを嘆いてそう評しているのだろう。たしかにその批評は的を得ているのだが、「それを云ったらおしまい」という問題でもある。

柳沢は決定力がない、玉田も決定力がない、高原も決定力がない、と日本のFW陣の決定力不足を嘆いたところで状況は何も変わらない。日本の多くのサポーターは彼らを過大評価しすぎている。彼らはいまの日本の最高のFW陣だ。しかも彼らは精一杯やった。手なんか抜いていない。しかししょぼかった。

つまり、要は日本のFW陣は精一杯やって「あの程度」なんだということ。日本のサポーターは大会終了後、素直にその事実を認める必要がある。それともうひとつ。

ストライカーは「なる」ものではない。
ストライカーは「生まれる」ものだ。

しかし、残念ながらいまの日本のサッカー界にストライカーを「生む」だけの土壌はない。つまり、日本のサッカー教育にこそその根本的な問題が存在している。

ある程度世界に通用する日本代表のMF陣を「黄金の中盤」と称して喜んでいるのは極めて悲しい現実であり、それこそ嘆くべきことであろう。

「中盤」が「黄金」だからといって何だというのだ。
ただ単に「チャンス」メイクが増えるだけで、直接にゴールに結びつくものでは決してない。さらに云うならば、いまの日本のサッカー界は、中盤「しか」黄金にできないのだ。

ディフェンスができてオフェンスもできて広い視野でチャンスメイクもできるプレーヤー

そんな(つばさ君のような)「オールマイティー」な選手を育て上げることに日本のサッカー界は腐心を費やしてきた。

ところがそんな選手は実際にはいやしない。たとえいたとしても、それは日本レベルやアジアレベルでのことだろう。日本やアジアでそのような評価を受けていたとしても、世界に出た途端、

ある程度ディフェンスができて、ある程度オフェンスもできて、ある程度広い視野でチャンスメイクができるプレーヤー

となってしまう。
そしてそんな選手は使えない。
しかし悲しいかな、それが日本のサッカー界の現状だ。

「オールマイティー」を目指すがあまり、すべての面でまんべんなく何でもこなすことができるが、すべての面で決定的な何かに欠ける「使えない選手」を量産している。

日本のFW陣よりもっと末期的かつ悲劇的なのは、日本のDF陣だ。
あれはひどい。オーストラリア戦とクロアチア戦を観たかぎり、世界最低のDF陣だ。サントスも宮本も中澤も、とてもじゃないがディフェンダーの身体つきではない。あんなのは世界にはまったく通用しないという事実をオレたちはこの大会で目の当たりにした。

「ストライカー不在」なんて云って嘆いている場合じゃない。DF陣が世界最高のザルであるがゆえに、中盤の選手が一生懸命ディフェンスもしなければならない。中田ヒデはトップ下に置いて攻撃的に使った方が彼の才能が一番映えるのだが、いまの日本代表では無理なはなしである。

日本サッカー界の緊急の課題は、各ポジションに特化した「スペシャリスト」養成の教育を促すことである。そうしなければ、日本代表はこの先いつまでたっても世界的に「ある程度」の域をさまようことになるだろう。

「オールマイティー」はいらない。
「オールマイティー」が通用するのはしょせんアジアレベルまでだ。



未分類    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://teamoterere.blog59.fc2.com/tb.php/28-3de16aa5

Top↑