FC2ブログ
未分類 | 
Graphical Clock neon
Graphical Clock
ioi.toot
最近のコメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
追越ノート―「ここ」から世界へ
≪2019.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019.10≫
プロフィール

TAKESHI

Author:TAKESHI
下田にて

最近の記事
月別アーカイブ
2006.06.11 Sun
Albirroja(パラグアイ代表)

昨日のイングランドVSパラグアイの試合。
パラグアイは完敗だった。

ベッカムのフリーキックをガマラがオウンゴール。
しかもガマラが。
守備の要であり、パラグアイ代表の精神的支柱であるガマラが。
これによって、地球の裏側においては彼に対する非難はおそらくすごいものになっているとは思うが、冷静に見ればあれは仕方がない。
ベッカムのフリーキックが良すぎた。
ガマラが触らなくてもキーパーは反応できていなかったし、確実に得点につながっていたと思う。

でもくやしい、というのが本音だ。
メディアは相変わらずイングランド代表のことばかり取材し、パラグアイ代表について解説者が知っているのはガマラとサンタクルスのことくらいで、スポーツバーにおいても「とりあえずイングランドサポーター」ばかりだった。それはそれでいいのだが、ただ、最大公約数的な日本国民の思いどおりになってしまったことが本当にくやしかった。
どのくらいくやしいかというと、「ドーハの悲劇」なんかとは比べようにならないくらい。

パラグアイのようなチームはいま世界の中でかなりめずらしいと思う。
昨日の試合を見てて思ったのは、パスが極端にざつで下手なこと。そしてちっとも全力で走りきらないこと。そもそも「戦術」というコトバ自体が存在しているのかどうか疑われるくらい、「戦術」とは無縁のチームだ。
この「戦術」論や「システム」論が全盛期の時代に。

オレはパラグアイ代表の試合を何度も観たことがある。パラグアイ人ともいっつもサッカーしてた。だから昨日の試合を観ていてそのプレースタイルに納得がいったし、少し懐かしかった。

彼らは、必要最小限の力で試合に勝とうとする。決して無理しようとはしないが、勝ちに対する執着心がものすごく強い。だからずるがしこいプレーが発達する。

頑なに自らに与えられたポジションのみを全うして単調な攻め(カウンター)と「一対一」の強さのみを武器とするその地味なサッカースタイルは、かつてヨハン・クライフ率いるオランダがもたらしたトータルフットボール革命以前の古典的なサッカースタイルそのものなのだ。



未分類    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://teamoterere.blog59.fc2.com/tb.php/26-8fcb638b

Top↑