FC2ブログ
未分類 | 
Graphical Clock neon
Graphical Clock
ioi.toot
最近のコメント
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
追越ノート―「ここ」から世界へ
≪2019.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2019.09≫
プロフィール

TAKESHI

Author:TAKESHI
下田にて

最近の記事
月別アーカイブ
2008.05.14 Wed
チベット族?!
dalai-lama1[1]


五輪聖火リレーを含む、中国のチベット問題が世界的な話題を呼んでいる。
最近では、胡錦濤国家主席の来日と四川省の大地震で少し雲隠れになっているかもしれないが。

チベット問題を扱うニュース番組を見ていていつも気にかかることがある。
「チベット『族』」という表記だ。

「族」という表記は、現代において差別的なニュアンスを含む語である。考えてみて欲しい。私たちは、「日本族」とか「中国族」とか「アメリカ族」とか言うだろうか。言わないし、聞いたこともない。しかし、「チベット族」とか「ウイグル族」とか「グアラニー族」とかは言うのだ。そしてそこに、『無意識的な』差別が存在している。

英語で「民族」を表わす概念は、「ネイション(nation)」と「エスニック・グループ(ethnic group)」
のふたつである。その内、エスニック・グループとしての民族は、同一の文化習俗を有する集団を意味する。つまり、「日本人」も「中国人」も「アメリカ人」も、各民族の総称である。そしてもちろん、「チベット」も「ウイグル」も「グアラニー」も、同一の文化習俗を有する集団、つまり民族である。

一方で、「部族:トライブ(tribe)」という概念がある。「部族」は「民族」と同義で用いられることもあり、両者の呼称のあいだには明確で客観的な区別はない。しかし、歴史的に「部族」の概念は、植民地主義的観点から「未開」で、国家形成以前の形態をなす一つのまとまりとして捉えられてきた。

通常、「チベット族」という場合の「族」は、「民族」の「族」ではなく「部族」のそれを指すことになる。だから問題なのである。当たり前のことだが、チベットの人は「未開人」ではない。「未開」という語も注意が必要な概念だが、ここでは詳しく述べない。例えば、こうした概念に敏感な文化人類学の分野では、論文中で「-族」という表記を無批判に使用したら、大問題になる。私はパラグアイの「エンヘット」という先住民族を修士論文の研究対象にしたが、論文中では「先住民エンヘット」や、単に「エンヘット」という表記を使用した。実は、「先住民」と「先住民族」の違いにも深い問題があるのだが、ここでは割愛しよう。

私は「族」を使うな、と言っているわけではない。「-族」という語は異国情緒・他者性をかもし出すのに非常に便利なコトバである。特に『ウルルン滞在記』では。「マオリ人」や「ウイグル人」といった言い方はあまり馴染まないかもしれない。要するに、「族」を使うことが問題なのではない。「族」を『無批判』に使うことが問題なのである。

「族」は差別的なニュアンスを含むコトバ(いわゆる差別用語)であると知っていて使うのと、それをまったく知らずに使うのとでは、大きな違いがある。そして、報道ステーションやNEWS・ZEROがそれらを認識した上で、あえて「チベット『族』」という表記を使用しているとは到底思えない。

なんだそんなこと、と思うかもしれない。
しかし、差別や偏見が紛争を生み、その差別や偏見は無意識と無批判から生じていることを忘れてはならないだろう。

未分類    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
強制的に監禁虐待されている新井泉さんを移動監獄から救い出しましょう。 Posted by 啓子
四川省の地震で中国の漢族公務員が莫大な義捐金や援助品を横領してふところに入れている。彼らは、植民地化した日本で何の罪もない新井泉さんをむりやり監禁虐待して、新井泉さんの人生も健康をも破壊した。手先になっている日本人と結託した残虐な強盗殺人鬼どもは、ウイグル人やチベット人やモンゴル人らを何千万人も大量虐殺してきた。彼らは悪魔よりも邪悪な最悪の連中である。新井泉さんの人生を強制的に破壊した凶悪犯は中国犯罪政府にすり寄って北京オリンピックに招いてもらおうとしているが、こんな大量の血に塗られたオリンピックなど開いてはならない。そもそも宗教者まで大量に惨殺している中国人は神の敵そのものである。もともと中国は五胡十六国といわれるようにたくさんの国々が分立していたのであるから、ウイグルや東トルキスタン、チベット国、モンゴル国など多数の国々に分かれているのが自然の姿である。これからもそういう時代が来るのは当たり前で、迫害と大量虐殺によってまわりの民族を絶滅させようとする漢族を絶対に許してはならない。
2008.05.28 Wed 06:02 URL [ Edit ]
基本的なことですが・・・ Posted by miki
文化人類学を専攻されているということで、一応伝えておきますが、中国では「族」は公式的に呼ばれているため、差別用語ではないですよ(汗)
2008.06.19 Thu 23:00 URL [ Edit ]
上の書き込み Posted by みき
同じ名前みたいだけど私じゃないよ。
なんとなく不快な書き込みなので・・。
ご近所のみきより。
2008.06.20 Fri 18:35 URL [ Edit ]
>上の上の書き込み Posted by TAKESHI
「中国では『族』は公式的に呼ばれている・・・」、しかし、ウイグル族とかチベット族とは言いますが、中国族とは言わないじゃないですか。現在に至るまで、公式的に差別用語が使われている、ということはないでしょうか。私的なことを申せば、「文化人類学を専攻されているということで」、『-族』の表記は論文中でタブーとされている、という事実を申し上げておきます。
2008.06.20 Fri 19:12 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://teamoterere.blog59.fc2.com/tb.php/193-25b03114

Top↑