FC2ブログ
未分類 | 
Graphical Clock neon
Graphical Clock
ioi.toot
最近のコメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
追越ノート―「ここ」から世界へ
≪2019.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019.10≫
プロフィール

TAKESHI

Author:TAKESHI
下田にて

最近の記事
月別アーカイブ
2007.11.15 Thu
もう1つの物語


昨夜のAFCチャンピオンズリーグ決勝、浦和レッズVSセバハンの試合は久しぶりに興奮した。


 


UEFAチャンピオンズリーグに比べたらぜんぜん知名度のないAFCチャンピオンズリーグだけど、内容はどうあれそこで「優勝」という結果を出したことは、日本のサッカー界にとって大きな前進につながると思う。実力で勝ち取った、はじめての「世界クラブ・ワールドカップ」の出場権。


 


オレはレッズファンじゃないけれど(セロ・ポルテーニョとボカ・ジュニアーズのファンだ)、あの応援は世界でも一流のクラスに入るんじゃないかな。これは日本代表の応援にも云えることだけれど(あと野球の応援もそうか)、日本のサポーターの応援は外国のチームやサポーターにとってすごく「奇妙」に映ると思う。


 


なぜか。試合中、あんなにも一定のリズムとテンションで四六時中応援するサポーターは日本と韓国のサポーター以外にないから。ヨーロッパのリーグはもちろんのこと、パラグアイやアルゼンチンやメキシコのリーグでは(もちろん他のリーグでも代表の試合でも)、非常に「メリハリのある」応援をする。敵の選手がボールを持つとみんなで「ブー!!!ブー!!!」と叫ぶし、ゴールを決めると「ゴール!!!」とみんなで一斉に叫ぶ。でもそれ以外はほとんど黙っている。時々「イホ・デ・プタ」とかの野次は入れるが、それはいわゆる個人プレーに過ぎない。


 


日本のサポーター(レッズのサポーターも含む)を見ていると、「あんなに試合中ずぅっと『みんなで』叫んでいて、ちゃんと試合観てんのかな・・・!?」ってよく思う。昨夜も思った。でも、それが「日本らしい」応援と云えなくもない。良くも悪くも、あれほど「組織力」があって「均整のとれた」応援は、世界でもかなり珍しい。レッズサポーターと韓国代表の「テー・ハ・ミング」とどっちがすごいだろう???


 


ところで、話は変わるが、きょう(1115日)『RUN―流浪のストライカー、福田健二の闘い』という本が発売された。オレはさっそく有朋堂で買った。著者は、2005年に『Number』で「遺書。」というタイトルで福田健二選手の記事を発表し、第2回雑誌・ネット記事大賞の人物・インタビュー部門賞を受賞した小宮良之さん。


 


「ミスター・レッズ」の福田の解説もいいけれど、オレは「もう1人の福田」の挑戦に今も注目している。はやく怪我から回復されることを心から祈る。


未分類    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://teamoterere.blog59.fc2.com/tb.php/167-e1bc47b4

Top↑