FC2ブログ
未分類 | 
Graphical Clock neon
Graphical Clock
ioi.toot
最近のコメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
追越ノート―「ここ」から世界へ
≪2019.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019.10≫
プロフィール

TAKESHI

Author:TAKESHI
下田にて

最近の記事
月別アーカイブ
2007.10.30 Tue
モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」


きのう(10月29日)、またサントリーホールでクラシック・コンサートを聴いてきた。


 



【N響ロマンティック・コンサート】


ヴィヴァルディ: ヴァイオリン協奏曲『四季』


モーツァルト: 交響曲第41番 ハ長調 K551 「ジュピター」


 


ヴァイオリン(ソロ・コンサートマスター): 堀正文


指揮: サー・ネヴィル・マリナー


管弦楽: NHK交響楽団



 


ヴィヴァルディの『四季』は、ヴァイオリンのソロのパートが多分に入る。そのソロパートを担当したのが堀正文。彼は日本のみならず、ドイツを中心にヨーロッパ各国のオケで活躍してきたヴァイオリニストだ。


 


指揮はネヴィル・マリナー。実はこの人、映画『アマデウス』のサウンド・トラックの指揮および音楽監督を務めた人で、当時3部門でグラミー賞を獲得した。フィルハーモニア管弦楽団(ロンドン)やシュツットガルト放送交響楽団首席指揮者を始めとして、その他にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団など数多くのオーケストラに客演した。


 


と、そういった教科書的な知識は実際の演奏とは「まったく」関係ないのだが、一応記しておく。 ちなみに、オレは両者ともまったく知らなかった。でも、『アマデウス』は大好きな映画で、これまでに何回も観た。もともと戯曲として作られたこの『アマデウス』は、モーツァルトを主人公とする作品である。彼の正式名称は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトである。


 


さて、実際の演奏であるが、「まあまあ」良かった。曲を綺麗にまとめている。つまり、演奏が整っている。でも、ネガティブな云い方をすれば、「ただそれだけ」ということになってしまう。どうしても、この前のバレンボイムの演奏と比べてしまう。整った演奏から「はみ出る」何かが欲しい、と云いたいが、それは贅沢な要求なのかもしれない。


 


モーツァルトの「ジュピター」は、クラシックすべての交響曲の中で、オレの最も好きな曲の一つだ。高校から大学にかけて、オレはずっと「ジュピター」を追っていた。とくに第1楽章の出だしが最高だ。この出だしは、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」にも影響を与えている。いま現在、オレは「ジュピター」のCDは5枚持っているが、これまでに聴いた「ジュピター」の数は10以上に及ぶ。「ジュピター」だけは絶対に譲れない。中でも選りすぐりの演奏(CD)は以下の3つ。


 


ブルーノ・ワルター:コロンビア交響楽団


ブルーノ・ワルター:ニューヨーク・フィルハーモニック 


カール・ベーム:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


 


レナード・バーンスタインとウィーン・フィルの「ジュピター」のCDが、たしかグラモフォン社のBESTに選ばれていた。しかし、オレは好きじゃない。バーンスタインは、マーラーを振らせると素晴らしいが、モーツァルトはダメだ。彼の演奏の欠点は、リズムが全体的にゆっくり「すぎる」という点にある。それに比べて、ワルターの「ジュピター」は迫力があって荘厳だ。しかし、録音の質が悪い、というのが大きな欠点。


 


一方、ベームのCDは、デジタル録音だけあって、音が洗練されている。曲の「出だし」は、ワルターの方が断然だ。しかし、ベームのスコアに対する精密さ、そして何といってもこのウィーン・フィルの「軽薄な」演奏とテンポの速さがモーツァルトの美しさを体現している。さすが「ウィーン気質」と呼ばれるだけある。ベルリン・フィルにはきっとこんな演奏は無理だろう。


 


モーツァルトの曲に必要なのは、リズムの「軽さ」と「速さ」と、そして「遊び心」である。と、オレは思う。モーツァルトは、ベートーヴェンのように真剣に考え抜いて曲をつくったのではない。もしそうだとしたら、あんなにも沢山の曲を作ることはできない。交響曲だけをとってみても、ベートーヴェンは生涯を通じて9曲しか残していないのに対し、モーツァルトは41曲も残している。ベートーヴェンの作曲数が少ないのではなく、モーツァルトの曲数が異常なだけである。


 


モーツァルトは、「遊び心」を持って、極めて「軽薄に」、さらに「素早く」一つ一つの作品を作り上げたに違いない。交響曲第39番、40番、41番の俗に云う「三部作」は、たったの6週間で完成させた。「天才」と云われる所以である。ちなみに、この交響曲第41番の「ジュピター」は、ベートーヴェンの「運命」(交響曲第5番)と同様、標題音楽ではない。


 


「ジュピター」の演奏が終わり、サントリー・ホールの聴衆の拍手が鳴り止まなかったので、指揮者のマリナーは聴衆のアンコールに応えた。その曲の出だしを聴いた瞬間、オレは胸の内で小躍りした。モーツァルトの「ディヴェルテメント ニ長調 K136」の第3楽章。作曲者の「遊び心」が十分に伺える作品だ。そしてこの、軽薄で、なのに得も云えぬ美しさを持った旋律・・・!これぞモーツァルトの真骨頂。


 


料理を食べ終わったあと、予期せずにテーブルに出された、良質の美味しいデザートであった。


未分類    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://teamoterere.blog59.fc2.com/tb.php/164-4c87dbbf

Top↑