FC2ブログ
未分類 | 
Graphical Clock neon
Graphical Clock
ioi.toot
最近のコメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
追越ノート―「ここ」から世界へ
≪2019.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019.10≫
プロフィール

TAKESHI

Author:TAKESHI
下田にて

最近の記事
月別アーカイブ
2007.07.30 Mon
「惨敗」のあとに


昨夜、「美しい国」をスローガンに掲げた安倍晋三首相の自民党が、大敗した。


一昨日、「美しいサッカー」をスローガンに掲げたオシム監督の日本代表が、惜敗した。


 


そして両指導者とも、「惨敗」のあとの続投をほのめかしている。


 


彼らの云う「美しい」とは、いったい何だったのか。もちろん、安倍首相が掲げる「美しさ」と、オシム監督の掲げるそれとは、意味がまったく違う。選挙に関しては、現在もマスコミが嫌というほど取材しているので、ここではアジアカップの日本代表について述べたいと思う。


 


まず率直に、オシム監督が掲げている「美しいサッカー」(エレガントなサッカー)なるものが、オレには「まったく」わからなかった。彼の云う「美しい」とは何なのか。そして実際、どこが美しかったのか。わからない。オレには、日本代表の試合が全試合を通じて、極めて「醜く」見えた。それは特に、自陣における緩くて危なっかしいボール回しと、限りなく消極的な攻撃とバックパスに見られた。皮肉なことに、それこそがオシム監督の云う「日本的なサッカー」なのではないかと思った。


 


サッカー史上、「美しいサッカー」が頂点を極めたことは、一度たりとてない。「美しいサッカー」あるいは「美しく勝つ」ということに最もこだわったのは、1970年代に「トータル・フットボール」でフットボール革命を起こしたヨハン・クライフ(オランダ代表)である。「空飛ぶオランダ人」(フライング・ダッチマン)と呼ばれたクライフは、欧州最優秀選手(バロンドール)を史上最多タイの3度受賞し、1974年の西ドイツ・ワールドカップでは、衝撃的なサッカーを披露し圧倒的な強さをみせた。オランダの優勝確実と誰もが思った。しかし、オランダは決勝で西ドイツに負けた。頂点を極めたのは、「美しく」華麗なサッカーをしたオランダではなく、地味で手堅いサッカーをした西ドイツだった。


 


「美しく勝利せよ」、「美しく敗れることを恥と思うな。無様に勝つことを恥と思え」といった至言を残したクライフだが、現在にいたるまでオランダ代表がワールドカップの頂点に立ったことはない。オランダが負けるのは、毎回毎回「美しいサッカー」にこだわりすぎるためである、と分析するサッカー解説者もいる。


 


オランダならまだいい。各選手の個人能力が非常に高いオランダ代表なら。しかし、日本がそれをやってどうするのだろう。「美しいサッカー」をそれなりに魅せるには、協調性のみならず、各選手の高い個人能力が必要不可欠となる。しかし、各選手の個人能力もままならずに「美しいサッカー」を目指すのは、まさに「無謀」である。


 


一昨日の3位決定戦、日本は、地味に泥臭く勝利をもぎ取りにいく韓国に、「わずかの差」で負けた。韓国は「強い」と思った。その差は「わずか」だったが、その差はとてつもなく絶対的だ。サッカーで勝つためには、必ずしも相手より「一歩」先んずる必要はない。「半歩」先んずれば勝てるのである。その「半歩」が勝敗を分けた。しかし、その「半歩」をコトバで説明するのは極めて難しい。一晩中考えた。悔しさと脱力感で夜が明けるまで一睡もできなかった。あの試合、日本代表は、今回のアジアカップの試合の中で最もいいできだったとオレは思う。「決定力不足」とか「途中交代が遅かった」とか、そういう問題ではなかったと思う。でも負けた。試合後、オシム監督は会見で「私は負けたと思っていない」と述べた。それを聞いてオレは、彼を絶対に解任すべきだと思った。


 


いまの日本代表の問題は、もっと単純で根本的なところにある。フットボール(「サッカー」という呼称は嫌いだ)の本質を理解していない(ように少なくともオレには見える)。フットボールとは、相手のゴールにより多くのボールを放りこんだチームが勝つ、ということ。そのためにまず必要なのが「美しさ」なのかどうか、よく考えてみてほしい。


 


「蹴らないと、ゴールは決められない」と、クライフは云った。



未分類    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://teamoterere.blog59.fc2.com/tb.php/155-50cba1b7

Top↑