FC2ブログ
未分類 | 
Graphical Clock neon
Graphical Clock
ioi.toot
最近のコメント
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
追越ノート―「ここ」から世界へ
≪2019.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019.10≫
プロフィール

TAKESHI

Author:TAKESHI
下田にて

最近の記事
月別アーカイブ
2007.03.25 Sun
エル・ドラードへの道-ピラニアの憂鬱



早朝7時に2日目はスタートした。昨夜の大雨はもう止んでいた。ホテルの客は相変らずオレたちだけだった。


 


今度はペアを替えてみた。スナヤマさんとシンヤさん、コゴシさんとオレである。その日もドラードだけに集中することにした。オレたちの目標とする魚は、きのうその片鱗を見せた。あとは釣るだけである。


 


河の奥までいき、ボートを停泊して、針を河に落としてから、何回か引きがあった。竿の先はつねにビクビク揺れている。エサのブス(ウナギ)が河の中で動くためである。しかし、ときどきグイッと深く竿の先が沈むときがある。糸を引きあげてみると、ブス(ウナギ)が所々乱雑に喰いちぎられている(写真)。ピラニアである。


 


何度も引きがあって竿を引きあげたが、一度もピラニアの姿を見ることはなかった。人を憂鬱にする魚である。ピラニアなど端から相手になどしていないのだが、エサだけもっていかれるのはあまりいい気分ではない。大物を釣る邪魔をしてくれるなと云いたい。


 


はまなすセンターの所長で魚の専門家でもある内山さんによれば、ピラニアは「あわせ」が難しいという。グイッと引いてからすぐに竿を引きあげてもだめだという。グイッグイッくらいで引きあげた方がいいというが、定かではないと云っていた。かなり慎重な魚なのだろう。


 


ピラニアに時々邪魔されながらも、ボートにたたずんで一途に大物の引きを待っていたそのときだった。竿の先がグイッグイッと激しく動き、その次にガン!と強く沈んだ。「!?」と思ったが引きあげるのをためらった。またピラニアかと思ったからだ。そしたら船頭が「引きあげろ!」という。しかし、竿を引きあげたときには、すでに魚の重みはなかった。


 


エサはきれいになくなっており、大きな針だけが残っていた。「またピラニアでしょ」とオレが云うと、「ピラニアじゃない。あれはたぶんドラードだよ。ピラニアならこんなエサの喰い方はしない」と船頭は云った。


 


悔しさと嬉しさが入り混じった複雑な気持ちで、今度こそは!・・・と意気込んでみたものの、やはり大物は意気込んで釣れるようなものではなかった。その日の午前中も、誰もドラードを釣ることはできなかった。


 


午前の部が終わり、日本に帰国する直前だったスナヤマさんは、出国の準備があるため、悔恨の思いを胸にイタ・コラを去らなければばらなかった。「ぜったい釣ってくださいよ」とみんなに云い残してスナヤマさんは去っていった。




イタ・コラに残った3人は、午後も引きつづき大物に挑戦することにした。時期的にいくら釣るのが難しいといっても、可能性はゼロではない。ゼロではないことを肌身で知っているかぎり、簡単にあきらめることはできないのだ。たとえそれが1000分の1の確率であったとしても、その「1」がいつ起こるかは誰にもわからないのだ。オレたちはその「1」に午後も賭けることにした。


 


ただし、もしそれでも釣れなかったら止めることにした。忍耐の問題だけではなく、金銭的にもそこにとどまって釣りをつづけるのは難しかったからである。


 


オレたちにはもう、神の見えざる手に期待する以外になかった。




未分類    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://teamoterere.blog59.fc2.com/tb.php/122-b73ea928

Top↑