FC2ブログ
未分類 | 
Graphical Clock neon
Graphical Clock
ioi.toot
最近のコメント
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
追越ノート―「ここ」から世界へ
≪2008.10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2008.12≫
プロフィール

TAKESHI

Author:TAKESHI
下田にて

最近の記事
月別アーカイブ
「 2008年11月 」 の記事一覧
2008.11.13 Thu
ソスアでダイビング!
ダイビング

今週の月曜日はドミニカ共和国の休日だったので3連休だった。土曜日と日曜日に、当国北部のソスアという町に行ってダイビングをやってきた。当国北部には、プエルト・プラタという有名なリゾート地(『地球の歩き方』にも載っている)があるが、そこを通り過ぎて東に20分のところにソスアの町はある。首都サントドミンゴからバスで約5時間かかった。

ソスアは、漁村を小奇麗にしたという感じの町だった。ビーチには西洋人やアメリカ人よりも、ドミ共人が大半だった。庶民の憩いの場ってところか。

ダイビングは、土曜日に2本、日曜日に2本、計4本潜った。1本目は「ガーデン」というダイビング・ポイント、2本目は「カニョン」、3本目は「ウェスト・ウォール」で、4本目が「トレス・ロカス」というポイントであった。3本目のウェスト・ウォールが唯一のディープ・ダイビングで、30m近く潜った。沢山の熱帯魚と珊瑚礁、スコーピオン・フィッシュ、ライオン・フィッシュ、それと2匹エイと遭遇した。ソスアの海は、メキシコのカンクンやコスメル島の海に比べると、やはり透明度は落ちる。しかし、既に世界的に有名なカンクンとコスメル島の海で潜ってしまった私は、これから一体どこの海で満足できるというのだろう。私はカリブ海以外の海で潜ったことはない。ホンジュラスのウティラ島でライセンスを取って以来、カリブ海だけで潜りつづけている。だから、透明度20メートル以上が当たり前となってしまった。

ダイビングを通じて、引率者(ダイブ・マスター)のリチャード(写真:左から2番目)と、ジンバブエ人のティム(写真:1番左)と、コロンビア人のフェルナンド(写真:1番右)と友だちになった。ティムとフェルナンドはサントドミンゴに在住しているので、今後も好きな時に一緒にメシが食える。

4本目のダイビングを午前中に終えたあと、4人でメシを食いに行った。地元の庶民が集まる場末のレストランで、魚のから揚げとライスと野菜を4人でガツガツ喰らった。みんな面白い奴で、リチャードはソスアの海の話しをし、ティムはエジプトの紅海で潜った時の話をし、フェルナンドはパナマで潜った時の話をし、オレはコスメル島で潜った時の話をした。海を「共有」した奴らとはなんでこんなに楽に、自然とうち解けあえるのだろう。

海と戯れた後の快い疲労には、チンチンに冷えたビールが最高にうまかった。
こっちは常に夏だ。オレは夏から夏へと、いつも夏を追いかけている。
スポンサーサイト



未分類    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑