FC2ブログ
未分類 | 
Graphical Clock neon
Graphical Clock
ioi.toot
最近のコメント
カレンダー
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
追越ノート―「ここ」から世界へ
≪2006.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2007.01≫
プロフィール

TAKESHI

Author:TAKESHI
下田にて

最近の記事
月別アーカイブ
「 2006年12月 」 の記事一覧
2006.12.27 Wed
暑くて熱いクリスマス!


イタグアの家族と一緒にクリスマスを迎えるのはこれで3回目だった。


 


イタグア(Itauguá)は、オレにとって一生忘れることのできない、パラグアイでもっとも親しみのある街のひとつである。そしてそこは、オレの「ふるさと」でもある。


 


アスンシオンからバスで約40分のところに位置するイタグアは、「ニャンドゥティ」(グアラニー語で「くもの巣」の意)と呼ばれる伝統刺繍品の産地で有名な街であり、「12 de Octubre」というサッカークラブ(1部)を擁する街である。そして、青年海外協力隊パラグアイ隊員が現地語学訓練(任国到着後1ヶ月)をおこなう街でもある。


 


この国の隊員は、空港に到着してすぐにバスでイタグアへとつれていかれ、各隊員はあらかじめ決められているホームステイ先で下ろされる。このめまぐるしい展開に当初とまどう隊員はかなりいる。オレもその一人だった。まったく見知らぬ国、まったく見知らぬ街、まったく見知らぬ家族、まったく見知らぬ文化、拙いスペイン語・・・そうやって隊員の活動は始まる。一晩寝て、次の朝目覚めたとき、その「現実」を思い知る。「・・・来てしまった」と。2002年の12月のことだった。


 


一人っ子だったオレに、大家族のやかましさとやさしさを教えてくれたのはイタグアの家族だった。


 


オレのイタグアの家族は、パパとママと、5人の兄弟から成る。パパは相変わらずチョー元気で冗談ばかり云っていた。ママはいつもオレをやさしく迎えてくれる。長男のドミンゴは、いまコンセプシオン市(アスンから約6時間の北東の町)ではたらいていてイタグアにはいなかった。次男のデルリス(通称「チキ」)は、またひとつ大人になって、いまは現隊員の女の子とつきあっている。長女のデイシーはアスンシオンの大学で医学を勉強中。「毎日忙しかったから、夏休みはたくさん眠るの」と云っていた。次女のダイアナは、一週間前に15歳の誕生日を迎え、親戚や近所の人を呼んで盛大なパーティーを開催したばかりだった(パラグアイの15歳は日本で云う20歳の「成人」に値する)。前はおてんばな女の子だった彼女も、少し色っぽくなっていまは彼氏もいる。3女のドリスは、前は歩くのがやっとだったのに、いまは6歳になって背もひと回り伸びてやっぱりかわいかった。


 


ここの家庭でホームステイした隊員は、もう10人以上になる。今回もクリスマス・イヴの24日に、ここでお世話になった現隊員のマキリ(女の子だよ)とカズの2人がやって来た。2人とも明るくって変なやつらだった(協力隊員の大半はそうだ)。つまり合計8人で、にぎやかなクリスマスの夜をすごした。


 


地球の裏側の暑い国で迎えるクリスマスはサイコーに楽しい。イヴの夜は街中が活気づく。音楽がジャンジャン街に流れ、各家庭で盛大なごちそうを準備して、みんな夜の12時を待つ。「クレリコ」と呼ばれる数種類のくだものとジュースとワインを混ぜた飲み物がこっちのクリスマスの定番で、オレはそれが大好きで、ウチの家族がつくったクレリコや近所の家庭のクレリコをご馳走になって、何杯も何杯も飲んだ。4年前と同じように。うまーい!


 


夜の12時を迎えると街はスゴイことになる。街中のいたるところでたくさんのバクチクが鳴り、ロケット花火が縦横無尽に飛び交い、花火がバンバン夜空に上がる。とともに、「フェリシダーデス(おめでとう)!!!」と云って抱きあいキスしあい、カンパイする。それがおわったら、近所の家族と抱きあいキスしあう。友だちとも抱きあいキスしあう。そして夜1時から夜明けまでディスコでジャカジャカ踊りまくる。そんな感じだ。


 


ママはオレが来ると、いっつもサイコーにおいしいパラグアイの家庭料理をごちそうしてくれる。ママのつくったおいしい料理を家族みんなでワイワイ冗談を飛び交わしながら食べているときがいちばん楽しい。


 


チキがシードラ(シャンパン)のコルクを開けて、オレの頭にブツけてくれた。「Takeshi va a casarse (次はタケシが結婚するね)!」といってみんな大騒ぎ。


 


TAKESHIはとってもいい子なの。だからきっとステキな女性と結婚するわ。わたしの子どもはみんないい子なのよ―


 


ってママは云っていた。


 


とてもうれしかった。


 


※ 上の写真は、ドリス(一番右)とその友だち。彼女の大切にしているお人形も一緒です。



スポンサーサイト



未分類    Comment(7)   TrackBack(0)   Top↑