FC2ブログ
未分類 | 
Graphical Clock neon
Graphical Clock
ioi.toot
最近のコメント
カレンダー
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
追越ノート―「ここ」から世界へ
≪2006.11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2007.01≫
プロフィール

TAKESHI

Author:TAKESHI
下田にて

最近の記事
月別アーカイブ
「 2006年12月 」 の記事一覧
2006.12.12 Tue
新しい舞台へ


この前の金曜日と土曜日の2日間、ユカタン州の冬のトーナメント戦(バドミントン)が開催された。オレは、3ランクのうちの一番上のランク(Primera fuerza)でたたかった。


3連勝で迎えた最終試合、15歳のサマンタに体力切れで負けてしまった。結果、3勝1敗で3人が並び、得失点差によってオレは2位になった。3位のサマンタとの差はわずか1点だった。メダルをもらった。このメダルは、オレの一生の宝ものだ。


いまじょじょに感じていることだが、きっとメリダはオレにとってかけがえのない街になるとおもう。メシはうまいし、カリブ海は近いし、治安はいいし、それに、ここにはたくさんの友だちがいる。


バドミントンに打ち込む子どもたちに出会えたことは、本当にうれしいことだった。


だけど、そんな彼らとも今日からしばしのお別れ。再びメリダに戻ったとき、彼らはもっと強くなっているだろうし、オレは一段と衰えているだろう。


旅立ちの日の昨日、チーバスがトルーカに勝ってメキシコリーグを優勝し、そして今朝、クラブ・アメリカがトヨタカップを準決勝に勝ちすすんだ。


バドミントンの基本は、「より早く、より高く、より前で」。


彼らのひたむきにプレーする姿を目に焼きつけて、オレもこれから向かう「新しい舞台」において、人生を積極的に攻めていきたいとおもう。


大事なのは、いつも新しい舞台で踊りつづけようとすること


いつも新しい舞台へ


                                             メキシコ・シティーにて



スポンサーサイト



未分類    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑