FC2ブログ
未分類 | 
Graphical Clock neon
Graphical Clock
ioi.toot
最近のコメント
カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
追越ノート―「ここ」から世界へ
≪2006.08  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2006.10≫
プロフィール

TAKESHI

Author:TAKESHI
下田にて

最近の記事
月別アーカイブ
「 2006年09月 」 の記事一覧
2006.09.11 Mon
「落ちこぼれ」日記

いよいよ授業がはじまった。

一コマ4時間!というわけのわからないカリキュラム。
毎回、課題図書がわんさか出される(一回の授業に2冊くらいは読まないといけない)。とうぜん、寝るひまがない。ので、半ば放心状態で授業に臨む。

文献を読んでいかないと授業の内容はチンプンカンプン。文献を読んでいっても授業の内容はチンプンカンプン。

大学院の授業はディスカッションが中心。みんなうるさいくらいに堂々とよく発言する。しゃべるのが早すぎてついていけない。ときどきみんなで一斉に笑うときがあるのだけれど、オレにはなにが面白いのかまったくわからず、むなしさと焦燥感におそわれる。

ここの大学は留学生が多い。(とくにアメリカ合衆国からの)

授業のラスト一時間は、わけのわからない「じゅもん」の聞き疲れでゲンナリ。そして、授業の終了とともに「劣等感」をおぼえながらキャンパスをあとにする。

ここでは、自己主張を強すぎるほどにハッキリしないとやっていけない。それがコミュニケーションの基本となる。わからなければ、「わからない」といわねばならない。「自分の意見」をもたないもの(発言をしないもの)は、「そこにいないもの」とみなされる。

ここにいると、自分の「しょぼさ」や「無力さ」をいやというほどに痛感させられる。「失望」や「むなしさ」におそわれるのは毎晩だ。ここではつねに「自分」という存在が根底から問われている。


そしてそれこそが、日本にいるときにオレが求めていたもののすべてだった。


スポンサーサイト



未分類    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑