FC2ブログ
未分類 | 
Graphical Clock neon
Graphical Clock
ioi.toot
最近のコメント
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
追越ノート―「ここ」から世界へ
≪2006.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2006.07≫
プロフィール

TAKESHI

Author:TAKESHI
下田にて

最近の記事
月別アーカイブ
「 2006年06月 」 の記事一覧
2006.06.13 Tue
ヒディングの采配

昨日のオーストラリアVS日本の試合。

日本のサポーターにとってはひどくショッキングな出来事だったかもしれないが、コパデルムンドにとってはきわめて妥当な結果だったと思う。

要は、
オーストラリア代表は強かった。
日本代表は弱かった。
それだけのこと。

いつもの日本代表だった。

オーストラリアが逆転に成功し、ロスタイムに1点追加したときに思った。
オーストラリアは強い。
ヒディングはさすがだと。

その時ちょうどオレの頭に思い浮かんだのは、4年前の日韓コパデルムンド決勝リーグ一回戦の韓国VSイタリアの試合だった。0-1で負けていた韓国は、同点に追いつき延長戦の末イタリアから奇跡的な勝利をもぎ取る。その時の韓国代表の監督がヒディングだった。

イタリアはあの時みずからの1点を守りきろうとしていた。
昨日の日本がみずからの1点を守りきろうとしていたように。

状況はみごとにリンクする。

両者に共通して云えることは、
4年前の韓国も昨日のオーストラリアも、すべてをかけて勝ちにきたということ。決して守りきって勝とうとしなかったということ。

コパデルムンドは「守りきろう」として勝てるような大会では決してない。

あのフォワードは一体なんだったのか。
ドイツ戦の高原は嘘だったのか。

後半に入ってから同点にされるまで、前半同様日本は数多くのチャンスをつくった。なのにシュートの数はまったくだった。後半の試合で日本が放ったまともなシュートは、試合終了間際の福西のそれくらいだった。

「決定力不足」とかいう以前の問題だった。福西のシュートが外れてそれを「決定力不足」と云う解説者は見方が間違っている。「チャンス」と「結果」を混同している。

「チャンス」と「結果」は違う。
サッカーでいう「結果」とは「ゴール」そのものであり、それ以外のなにものでもない。しかし、今日のサッカーにおいて「チャンス」を「結果」に結びつけるのは実に難しい。アンリだって決定的な場面で決められないし、ドログバだってキーパーとの一対一を逃すし、リケルメだってロナウドだってPKを外したりしている。つまり、世界的に超一流の選手だって決定的場面(「チャンス」)において確実に「結果」をだせるとは限らないのだ。

それにもかかわらず、日本代表の選手が(特にフォワードの選手が)「チャンス」でシュートをミスったからといって「決定力不足」と評するのは実に酷なはなしである。

確かにそういう批評は選手の育成にとってとても大事なことだ。でもいまの日本代表にはそれ以前の致命的な問題が存在する。

「チャンス」を活かしていない。

「結果」をだしていないのではない。それ以前の、「チャンス」を活かすことすらできていないのだ。つまり、「チャンス」をみずから無駄にしている。

ミスをしたりシュートを外してしまうのが問題なのではない。
ミスをしたりシュートを外してしまうのを恐れるがあまり、プレーが消極的になってしまうことが問題なのだ。

「チャンス」を活かすとは、ゴールを決めるということではない。
「チャンス」を活かすとは、シュートを打つということである。

シュートを打たないかぎり、ゴールは生まれない。
「チャンス」を活かさないかぎり、「結果」は生まれない。

「チャンス」は何度でもやってくる。
いまの日本代表は「チャンス」をつくる能力には長けている。
世界的にみても。

でも、それを積極的に活かす能力は極端に劣っている。

技術の問題というよりは、メンタルの問題だと思う。
だからこそ致命的なのだ。

みずからがつくりだした「チャンス」の数に見合うだけのプレーをしていたのは、
オレの知るかぎりあのドイツ戦だけだった。

それだけにあの試合はすごかった。
まるで日本代表ではないようだった。



スポンサーサイト



未分類    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑