FC2ブログ
未分類 | 
Graphical Clock neon
Graphical Clock
ioi.toot
最近のコメント
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
追越ノート―「ここ」から世界へ
≪2006.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2006.07≫
プロフィール

TAKESHI

Author:TAKESHI
下田にて

最近の記事
月別アーカイブ
「 2006年06月 」 の記事一覧
2006.06.01 Thu
「Chance」-日本代表へ

昨日の日本VSドイツの試合。
日本にはいくつもの得点チャンスがあった。

「決定力不足」と云われる日本のフォワード。
たしかに、他の国のフォワードに比べると、日本のフォワード陣は意外性に極端に欠けるし、チャンスに対する決定力も総じて低い。

しかし、チャンスを生み出すことはできる。
ある程度すぐれたミッドフィルダーの機転と、チームワークによる早いパス回しを基軸として。
それが昨日の試合であきらかになった。

一度逃したチャンスは二度とめぐってこない

という格言がある。
それはまったく確かなことだ。

「過去」に戻ることができないように、一度逃したチャンスは二度と戻ってきはしない。

でも、
二度目のチャンスがこないとは限らない。
三度目のチャンスだって。
四度目のだって。
五度目だって・・・

チャンスは何度だっておとずれる。

大事なのは、
失ったチャンスを省みることではなく、
次にチャンスが来ると信じることだ。

つねにそれを信じつづけること。

かつてジーコは云っていた。
「フォワードはすべての可能性を信じなければならない」


そう、いかなる状況に追い込まれようとも。



スポンサーサイト



未分類    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑